引越し見積もりランキング!一番安い引越し業者の見つけ方!



【2015年度最新ランキング】

私が一番安い引越し見積もりが出たのがこちらのサイトでした!

日本最大級の引越し見積もりサイト!

130社以上が見積もりに参加!

引っ越し料金が最大50%オフに!

見積もり前に対応可能な業者が分かる!

↓提携業者の一部




最短1分で料金相場もわかる!

大手から地元業者まで全国220社以上の業者から最大10社まで一括見積もり!

24時間いつでも利用可能!

どれか1つ選ぶなら最低限抑えておきたいサイトです!




東証一部上場のエイチームが運営する引っ越し一括見積もりサイト

数ある業者の中から最大10社の見積もりが取得できる

引っ越し仲介件数累計1124万件と実績もトップクラス

入力項目が少ないので数分で入力が完了




日本最大級220社以上の引越し業者から一括見積もり!

最短1分で入力完了!

最大10社にまとめて見積もりできる!




質・量・人気ともに現時点でトップクラスにある一括見積もりサイト

累計利用者数230万人突破

見積もり条件を詳細に指定できるので安心




どれにしようか迷っている人は、ランキング第一位の「HOME’S 引越し」がおすすめです。













引越し見積もりランキング!一番安い引越し業者の見つけ方!

一番安い引越し業者から最安の引越し見積もりを引き出すためには、一括見積もりサイトを利用するのが一番というのは分かって頂けたと思います。
ここからは、引越しに関するお役立ち情報を発信していきたいと思います。

 

便利な引越しの際の見積もり

引っ越しを行う際に一番重要な仕事は、引越し会社を選ぶことです。今は多くの会社がありますし、各社料金もサービスも異なります。よって、自分たちの引っ越しの予算や条件にはどの会社が合うかしっかりと見極める必要があります。そこで、重要になってくるのは見積もりです。今では各社無料で訪問見積もりを行ってくれるところが多く、事前にしっかりとした料金を見積もってくれるため安心です。また、この訪問見積もりにはいくつかの利点があります。一つ目は実際に引越し会社の人に持っていきたい家具や物を見てもらえるので、当日に運ぶことができないといったトラブルを防止することができます。二つ目は、訪問見積もりにくる営業マンは引っ越しに付随するサービスなどを丁寧に説明してくれるため、実際には知らなかったお得なサービスを受けることができるという場合もあります。そして、次が一番大きな利点ですが、何社か見積もりを行う事によって、どこの引越し会社が料金面やサービス面が合うかどうかを比べて決定することができます。今では、ネット上などでも引越し業者数社が一括で見積もり可能なサイトなども出てきており、手間をかけることなく自分にあった会社を見つける事ができ、とても便利です。

 

本気のサービスで引越し業者を選びましょう

数年前に引越しというものを経験した時に、某有名引越し業者に依頼しました。細かい荷物以外のほとんどの家財道具一式を任せました。やはり、プロはプロの仕事をしてくれます。割れやすいガラスや、大きな食器ケースも丁寧に梱包し、傷がつかないように運び出してくださりました。その手際の良さも魅力のひとつです。引っ越し業者は金額が高いかな・・・という不安もありましたが、金額以上のサービスをしてくれたと思います。現に、初めて一人暮らしをするために引越しをしたとき、荷物等はすべて家族で運びました。その時の、交通費や労力のことを考えると、やはりプロは違うなと改めて感じさせられました。ひどいサービスだともう二度とお願いしたくないという気持ちになりますが、その業者さんは最初から最後の挨拶の時までずっと笑顔で接客してくださいました。荷物を運んでもらい、さらにいい気持ちで新居にたどり着けたのでもう大満足です。スムーズに引越せました。もし、また引越しをする際には、ぜひまたお願いしたいと考えております。まだまだ暑い日々が続きますが、引越し業者の皆様には、ぜひとも多くの人々を笑顔にするような接客で頑張っていただきたいです。

 

家族全員が満足できる引越しを。

一人暮らしの引越しではなく、家族全員一緒に引越しをするとなると、大規模になるため、一大イベントのようになりますよね。特に一番大変なのが、荷造り。まず引越しするまでの日常生活がありますので、必要不可欠なもの以外から、順々にパッキングをしていくわけですが、なんせ進まない。写真なんかを見つけてしまったらもう、懐かしさに思い耽ってしまい、相当のタイムロス。そうして1日・2日が過ぎ、最終的にはギリギリになって徹夜コースなんてこと、経験ある方多いのでは。また、家族それぞれがちゃんと自分の荷造りを完了してくれるならいいのですが、中には先の事例のようになかなか進まず、全然終わらない、もしくは時間がなくて手つかずの状態が続いてしまうとかもありますよね。そうなると、やはり体力的に負担がかかってくるのが、先にちゃんと荷造りなど計画的に完了した人。個々の荷物以外にも、食器や家具などの梱包もしなければならないのに、本当に大変。新居へ行くことはとても楽しみですが、この体力的にとてもきつい引越しを考えると、どうも尻込みしてしまいがちです。このように誰か一人に負担がかかるのではなく、家族全員が満足できる引越しを考えると、最近では梱包から荷ほどきまでやってくれるサービスもありますので、ぜひそれを利用したいものです。通常よりもやや値段は高めですが、これから引越し予定の方は、皆の満足を考えて利用してみてはいかがですか。

 

引越し情報を入手するコツ

引越しをする時は当然業者にお願いするものですが、業者にも質や技術、価格面でも様々な違いがあります。
しかし引越し自体、頻繁にする事ではないので常にアンテナを立てて情報を取り入れるというのも難しく、常連になって信頼関係を築くというのもまず難しいでしょう。
そのため、情報サイトや口コミなどを活用しながら上手に選んでいく必要があります。
まず情報サイトの選び方ですが、第一条件として登録されている業者が多いという部分です。
どこかの業者が自分の会社を選ばせるために誘導するようにサイトを構成している場合も考えられますから注意してどれだけの業者が登録されているかを見極める必要があるでしょう。
さらに重要なのが口コミを信ぴょう性です。
良い事ばかりを掲載しているサイトではなく、良かった事も悪かった事も全てをきちんと記載しているサイトである事が大切です。
会社によってはアルバイトだけに作業を任せており、大切な家具の取り扱いなどに規則を設けていないという場合もあります。
たった一度の引越しであっても大切な物に危害を加えられては困ります。
実際に体験した人の正確な意見を元に選べば失敗するリスクも避けられるのではないでしょうか。

 

引越しを単身で行う場合

進学や就職のために単身で上京する、あるいは転勤で都会へ引越しするということはよくあることです。家族一体でこれを行う場合と違って単身である場合には荷物の量もそう多くなくて近くであればレンタカーを借りて自分で行うという方法も取れます。
しかし距離があって運転して行くには遠い場合には専門の引越し業者さんに頼むということになります。
その場合にはサイトを当れば無料の一括見積を取ることもよく行われています。これによって複数の業者から見積が取れて現在どれぐらいの相場で引越しができるのかがわかります。安い料金を提示してくる業者があればその中から最安値で済む業者を選択できます。
又、単身者でもあり荷物の量が少なければ、業者の担当者ともっと話し合って安くつく方法を探し求めて行きます。
一般的には目的地に向かって何トン車という単位で出発しますが、その一部分を積載部分として使わせてもらえば便乗という形で安く済ます方法もあります。あるいは単身者用に安くつくパックがある場合もありますから、他社のそういうパックもあるかどうか調査して方法を選択すると安くあがる場合があります。
引越し先の道路の状況や建物の構造、階数や間取り、エレベーターの有無なども調べておいたりして、計画的に進める必要があります。

 

引越しに伴う必要な手続きとは

仕事で転勤になったり住宅を新築したりして引越しをする場合は、様々に必要な手続きが出てきます。これらの手続きをしっかり済ませておかないと、後々で面倒をする事になります。
まず基本的な引越しに伴う必要な手続きは、住民票の移転になります。現在住まいの住所から引越し先に住所を移動させるわけですが、居住地の市町村役場で手続きが出来ます。市町村役場に行く場合は住所変更だけでなく、一緒に処理できる必要な手続きを済ますようにしましょう。
例えば就学児童のいる家庭では、転校手続きが必要になります。また要介護を受けている高齢者のいる家庭では、介護保険などの移動の手続きが必要になります。これらは役場内で担当部署が違う場合が多いので、受付案内に聞くと教えてくれるでしょう。
また電気や水道そしてガスなどの光熱関係についても、止めたり料金の精算を行う必要があります。固定電話を引いている場合は、これの移転の手続きが必要になります。これらの手続きは電話でお願いできるので、引越しが押し迫ってからでなくて早めに連絡をするようにしましょう。
引越しが決まった時点で必要な手続きを書き出してみて、漏れの無い様にチェックして早めに出来る手続きは時間の取れるときに済ませておきましょう。
最後に郵便局で郵便物の転送の手続きを済ませておきましょう。

 

引越し無料一括見積もりの利用で費用を抑える

転勤や大学の入学、新居への移動など様々な理由により引越しをしなければいけません。
引越し先が遠ければ遠いほど費用が掛かります。
そこで、引越を少しでもお値打ちに行う方法を説明してゆきます。
まずは、引越業者をの選び方です。
引越し専門の業者であれば、専門として高いノウハウを持っているため良いと考えられます。
インターネット環境を利用して、ポータルサイトなどから無料一括見積もりを試すと良いでしょう。
無料一括見積もりの良いところは、互いの業者が、見積もり価格を出すことから価格競争原理が発生し、自ずと価格低くなります。
競争相手がいることから低い価格設定となるのです。
問題は、プランとしてどこまで依頼するかになるでしょう。
費用を抑えるには、可能な限り自身で出来ることは自身で行っておくことです。
引越しは、基本的に車両と手間があれば、業者に依頼しなくてもすべてにおいて、自身で行うことが可能となります。
しかし、近隣住民への挨拶や車両が通行できる十分な道の広さ、積み下ろしの際の車両の駐車、大型荷物の搬送経路など様々な問題があります。
ただ、持ち運びが可能な荷物であれば、少しずつ前から行っておくと費用の圧縮が可能となるのです。

 

引越し業者を選ぶには作業内容を重視

引越し業者を選ぶ際に価格で選んではいませんか?
引越し作業は、基本的に車両と手間があれば、すべてにおいて自身で行うことが可能でしょう。
大型の家具や冷蔵庫などの家電でも3人から4人の人手があれば搬送は可能です。
さらに、車両も軽トラックや2トン車等をレンタカーとして借りれば、安く済み、手伝ってくれた人に、日当を支払い、食事をご馳走すれば、十分とも考えられます。
ただ、人はそれぞれにスケジュールがあります。
また、自身で行うとなれば、それなりのリスクもあるでしょう。
速やかに手際よく行うためには、プロに任せる方が良いでしょう。
プロの引っ越し業者はそれなりの作業ノウハウを持っています。
例ええば、引越しでよくあるトラブルに、大型荷物の搬送において、エレベーターの使用が不可で、階段を使用するも、搬送可能なだけの広さがないことや、階段周りにキズが付くこと、引っ越し作業中の騒音、駐車可能な場所からの搬送距離、隣人や町内会長などへの挨拶、搬送時の衝撃等、移動距離での考えられるトラブルと様々な問題を想定し、作業にあたります。
自身で搬送可能なものがあれば、予め行っておけば、費用の圧縮は可能ですので、しっかりと作業内容を比較して業者選びをしましょう。

 

引越しの荷物はまとめておこう

引越しはたくさんの荷物を段ボールなどにまとめる必要があり、面倒だけでなくどこに何を入れたかわからなくなる可能性があります。ではどうすれば良いかと言うと、同じ品物同士でまとめるのも手ですが、人を基準に分けるのも有効です。例えば皿ならば、皿だけをまとめて入れると思います。ですがそうなるとサイズが異なり余分なスペースができる事があります。ですが自分のだけを入れるなら、サイズはほぼ同じでありうまく重ねられます。その隙間に別の品物を入れればよいのです。荷物全部に割れ物シールを貼るので、割れ物のみを入れなければならないというルールはありません。そんな風にして自分専用荷物その1・その2などと表記すれば、他の人の力を借りずに引越しできるでしょう。今のは複数人が同居している場合を想定しましたが、一人暮らしではどうでしょうか。一人暮らしは荷物自体が少ないので、運送の手間を省くために箱数を減らすのも有効ですが、あえて箱数を増やすのも便利です。なぜならダンボールを複数持っていても損はしないからです。修理依頼で相手先に送る時や、収納ボックスと使ったりと使い道は豊富にあります。引越しは事前にどう荷物をまとめるかを考案しておきましょう。

 

引越しプランを決める時

引越しプランは早めに決めた方が良いです。なぜなら、金額を早めに知る事が出来るからです。また、早めに引越しプランを決めないと自分達が希望する日に引越しが出来ない可能性が高くなります。
人数が少ない時は容易に決める事が出来ます。しかし、人数が多くなると荷物が増えるため引越しプランを決めるのには多くの時間がかかります。限りある時間の中で確実に決める事が重要です。プランが早く決まればスムーズに行動する事が出来ます。
業者によっては多くの引越しプランを準備している場合があります。業者とより多くのコミュニケーションを取りながら最適のサービスを選択する事が大切です。
作業の途中で荷物に傷がつく可能性があります。そのため、アフターフォローをしっかりと行ってくれるプランを選ぶ事も大切です。安価なものを選択しても途中でミス等が発生すれば後により多くの金銭を支払う事になります。
それを決める時は関係する家族の思いやニーズを最大限に尊重すべきです。なぜなら、それを軽視した場合、引越し後に家族の関係が悪くなる危険性があるからです。
社会の多様化に伴い様々なプランが出てきました。大切なのは自分達にあったものを確実に選ぶ事です。

 

引越しの見積もりは複数の業者に取りましょう

引越しの際には専門の引越し業者に作業を依頼するということが多いものですが、現在だとそうした業者は全国各地に数多くあります。
全国に支店を出しているような大企業はもちろんのこと、個人単位で事業を行っている中小企業も多く、その全てが選択肢になるのです。
そうした中ではどのようにして業者を決めるべきか悩んでしまうということも多いのですが、最も大きな決め手の一つとして使いたいのが見積もりです。
見積もりには実際に引っ越し作業を行うにあたってどれくらいの費用が発生するのかということが書かれていますから、自分が支払う代金という観点から業者を選ぶことができるようになります。
しかしここで、たったひとつの業者から貰った見積もりで依頼先を決めるようにするというのでは意味がありません。
先にも述べたようにここで最も意味が大きいのは「自分が支払う代金を知ることができる」ということです。
そして基本的にこれを発行してもらう段階で費用がかかることは無いのですから、まずは複数の業者にどれくらいの代金がかかるのかということをチェックすることが重要になります。
基本的に引越しの作業に必要になるものは作業人員と梱包材、移動手段の三つです。
例えば単身者が引越しをするだけなのに4トントラックを何台も使うというような必要はありませんし、家族5人の作業なのに作業人員が一人しかいないということはあり得ません。
どのような業者でも、作業をするのであればその業者が用意するべき適切なリソースを割くものです。
そしてそのリソースに対して割り当てる単価は、やはり業者によってかなりの差があります。
そのため複数の業者から費用の概算を聞くようにすれば、自分の環境で最も効率の良い作業をしてくれる業者を見つけることができるのです。
現在だとインターネットなどを利用して、複数の業者に一度に見積もりを出してもらうサービスなども出てくるようになりました。
そうした形で出されてくるものはあくまでも参考程度のものになるのですが、その参考の時点で明らかに高額な費用がかかっているというような業者であれば、そもそも選択肢から外すというような考え方もできるでしょう。
いくつかの業者から見積もりを貰うことで最も安い業者を知ることができたというようなケースや、他社の価格を引き合いに出して値段を割り引いてもらえたというようなケースはかなり多くありますから、引越しの際にはまず複数の業者に声をかけることを忘れないようにしてください。